注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

岡山県立中高一貫校4校の2023年度入試出願状況

行政・公共 津山朝日新聞社
         

 岡山県教委は9日、県立中高一貫校4校の2023年度入試出願状況を発表した。このうち津山中学校(岡山県津山市椿高下)は定員80人に対して148人が出願。競争率は1・9倍で、前年度と同じだった。
 4校全体では総定員480人に対し、1299人(前年度1367人)が出願。平均競争率は2・7倍で前年度(2・8倍)を下回り、現行の4校体制となった15年度以降最低となった。
 このほか岡山操山中(定員120人)は競争率2・9倍、倉敷天城中(同120人)2・7倍、岡山大安寺中等教育学校(同160人)3・0倍。
 県教委高校教育課は「児童数は前年度に比べて微増している中、各校ともコロナ禍に応じたアピールを実施している。減競争率低迷の要因については分析中」としている。
 4校とも先月30日から2日まで出願を受け付けた。入学者選抜(適性検査と面接)の実施は来年1月7日。結果は同20日までに受験者に通知される。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG