注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

岡山県美作市、福祉関連の資格所得目指す学生対象の奨学金制度を開始

行政・公共
         

 岡山県美作市は2日、介護、福祉関連の資格取得を目指す学生を対象とした奨学金制度を始めると発表した。5日開会の6月定例市議会で関連する補正予算を盛り込んだ議案を提出する。
 対象は、市内在住か、親が市内に在住し、生計を一にしている学生。大学、専門学校などで▽社会福祉士▽介護福祉士▽作業療法士▽理学療法士▽柔道整復師―のいずれかの取得を目指す人。月1万円、最大2年間給付し、返済は不要。初年度は受給者を9月ごろまでに決め、今年4月までさかのぼって支給する予定。年間15人程度。
 今年3月、市内在住者から介護や福祉を学ぶ人たちのために役立ててほしいと匿名で1000万円の寄付の申し出を受け、6月議会で「市介護・医療関係奨学基金積立金」を創設して繰り入れ、初年度分として180万円を計上した。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG