注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

岡山県2020年度末推定害獣生息数

行政・公共 岡山県2020年度末推定害獣生息数
岡山県2020年度末推定害獣生息数
         

 岡山県は、県内の害獣の2020年度末推定生息数について、イノシシ約4万4000頭(中央値、前年度同期比8.7%減)、ニホンジカ約4万5000頭(同10.7%減)との調査結果をまとめた。イノシシは4年連続の減少、シカは7年連続の減少となり、捕獲強化の効果が表れているとしている。
 生息数調査については、捕獲数や一定エリアのふん塊数、目撃情報などのデータを基に推計。推定値には幅があり、実数に最も近いとされる中央値でみると、イノシシは4万〜5万頭台で推移し、2010年度末の約5万8000頭から10年間で約1万4000頭減少した。シカは13年度の約6万2000頭をピークに、7年間で約1万7000頭減ったことになる。
 一方で20年度の捕獲数は、イノシシが3万1650頭で記録が残る1985年以降2番目に多く、2年連続で3万頭を超えた。シカは1万5375頭で85年以降で最多となった。市町村の判断で狩猟期間外でもできる「許可捕獲」が進み、県が2018年度から市町村の助成制度への上乗せ期間を従来の2カ月間から8カ月間に延長したのも後押ししたとみられる。
 20年度のシカとイノシシによる県内の農林被害額は、計1億2690万円で前年度比6.6%減。
 県は22年度から向こう5年間の「鳥獣管理計画」を策定中で、国の方針に沿ってイノシシの生息数を11年度の半数(約2万7000頭)、シカも同年度の半数(約2万8000頭)に減らす数値目標を掲げ、引き続き捕獲を促進する方針。
 県鳥獣害対策室では「生息密度を低減させる一方で農作物の被害を抑制する〝捕獲と防護の両輪〟を持続させるとともに、ジビエ肉の消費拡大も図る」としている。
p
生息数が4年連続で減少したと推定されたイノシシ(津山市内での捕獲個体、野生鳥獣対策連携センター提供)


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG