注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

市内の県立高校4校の生徒と社会人が語り合う座談会「はたらくねっこwith津山市四校連携」

教育・保育・学校
         

 市内の県立高校4校の生徒と社会人が語り合う座談会「はたらくねっこwith津山市四校連携」が9日、山下の津山圏域雇用労働センターで行われた。高校生たちはさまざまな職種の人と交流し、進路や就職について考えた。
 津山、津山東、津山商業、津山工業高校の2、3年生33人が参加。グループに分かれ、企業経営者や住職、公務員、大道芸人、NPO法人代表ら17人と働く意味などをテーマに意見を出し合った。
 働くことについて、高校生は「働いて誰かが喜んでくれるならうれしい」「自立して生活するにはお金が必要」などと述べた。社会人は「苦労もあるが、やりがいがあり、生きがいになる」「経験を積んで自分の成長につなげる」と語った。
 津山商業高校3年・小玉実希さん(17)は「仕事が苦痛な時もあるが、乗り越えることも楽しいと聞いた。ポジティブにとらえることも必要だと学んだ」と話した。
 座談会は地域内の企業の情報発信や就職促進をねらいに、市の仕事・移住支援室が高校生のキャリア教育の一環として主催した。

さまざまな職種の人と語らう高校生


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG