注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

市庁舎に応援メッセージの懸垂幕 1月にサッカーJ1・コンサドーレ札幌入団の田中克幸さん祝う/岡山・真庭市

スポーツ 田中選手を応援する懸垂幕=岡山県真庭市久世の真庭市役所で
田中選手を応援する懸垂幕=岡山県真庭市久世の真庭市役所で
         

 今年1月にサッカーJ1・北海道コンサドーレ札幌に入団した田中克幸さん(21)=明治大学4年・岡山県真庭市久世=を祝い、真庭市は13日、市役所本庁舎=真庭市久世=で応援メッセージを載せた懸垂幕を揚げた。

 大きさは高さ5メートル、横幅0.9メートル。隣には田中さんがミッドフィールダー(MF)を務めた明治大学のチームが第72回「全日本大学サッカー選手権大会」での優勝をしたのをたたえる垂れ幕も掲げている。北海道コンサドーレ札幌でのポジジョンはMFで背番号は37番。

 市庁舎を見上げた奥谷宣郎さん(83)=同市勝山=は「私が若い時は県北からプロ選手が誕生するのは遠い夢だったが、今は違う。これからは若い世代がどんどん成長していく。この快挙は地域の子どもたちにとっても良い刺激となる。活躍に期待している」と話した。

 田中さんは、5歳でサッカーを始め、小学1年生の時に真庭市のサッカークラブ(FC)ルレイヴに入団。その後津山市のFCヴィパルテへ移り、久世中学校卒業後は帝京長岡高校(新潟県)に進学した。高校2年生の時に選手権大会に出場してベスト8入り、3年生の時にはベスト4入りをし、日本サッカー協会のU―17、U―18日本代表選手に選出された。このほか全日本U―18フットサル選手権で優勝を経験。

 高校卒業時には数チームから声がかかるほどの逸材で、左足から繰り出される高精度のシュートは高い評価を得ている。

 吉報に対して父親の一輔さん(61)は「皆さんの温かい声援に感謝している。幼いころからずっとサッカー一筋。『社会人として生活できるようにもなりたい』と大学進学を選んでからも続けた。プロになることはすごく自然のように感じている。全力で頑張ってこいと本人を送り出したい」。母親の恭子さん(56)は「簡単にプロになれる世界ではない中、本当によくやったと思う。大きなけががないように無事を祈っている」と語った。

 今季J1リーグでの北海道コンサドーレ札幌の試合・第1節は24日、福岡県のベスト電器スタジアムで午後2時に開始。アビスパ福岡と対戦する。

真庭市本庁舎に掲げられた懸垂幕を眺める市民=岡山県真庭市久世の真庭市役所で
真庭市本庁舎に掲げられた懸垂幕を眺める市民=岡山県真庭市久世の真庭市役所で


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG