注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

広域連携SDGsモデル事業 岡山県真庭市が代表提案した事業が採択

行政・公共 広域連携SDGsモデル事業 岡山県真庭市が代表提案した事業が採択
         

 内閣府の「広域連携SDGsモデル事業」に、岡山県真庭市が代表提案した事業が採択された。国の「SDGs未来都市」に選ばれている同市と岡山市、倉敷市、西粟倉村が連携し、岡山県版「SDGs体感ツアー」を開発する。初の選定で、全国で2事業が選ばれた。
 4都市の連絡協議会を26日に立ち上げ、設立会議を開催。アフターコロナ、ウイズコロナにおける観光振興へつなげるとともに、都市規模や地域性に応じた地域課題解決の仕組みを体感型で発信し、ローカルSDGsの取組促進を図る。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG