注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

厳かに晋山式営む コロナ禍で2年越し実施 「高野山での知識と経験、地域に」/岡山・鏡野町

祭事・神事・法要 辞令を受ける木下新住職
辞令を受ける木下新住職=岡山県鏡野町で
         

 岡山県鏡野町中谷の弘秀寺で15日、第46世・木下友真新住職(54)の就任を披露する晋山式が厳かに営まれ、来賓や信徒、有縁分院の僧侶ら約100人が祝った。

 

 コロナ禍のため2年越しに式を実施。本堂での法要の後に庫裡(くり)に移動して高野山大圓院の藤田光寛住職らから辞令を受けた。

 

 木下新住職は「高野山真言宗の総本山金剛峯寺に長年勤めてきた。知識や経験を檀信徒のみなさまや地域へ還元できるよう、引き続き努めていく」と就任のあいさつ。檀家の山崎親男町長が祝辞を述べた。練り供養と庭讃は雨天のため取りやめた。

 

 同寺は724(神亀元)年に行基が開いたとされ、本尊は薬師如来で、十一面観音像は県重文に指定されている。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG