注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

復興への祈りを込めて 和太鼓奏者・坂本雅幸さんら支援ライブ開催 繋がりをテーマにしたアート企画も

芸術 東京都大田区の「和の杜スタジオめでたい」で開かれた復興支援太鼓ライブ(撮影コセリエ)
東京都大田区の「和の杜スタジオめでたい」で開かれた復興支援太鼓ライブ(撮影コセリエ)
         

 岡山県津山市出身の和太鼓奏者・坂本雅幸さんら5人のアーティストによる能登地震復興支援太鼓ライブ「響命-kyoumei-」が24日、和の杜スタジオめでたい(東京都大田区中央)で開かれた。

 2022年から石川県輪島市の輪島高洲太鼓に所属する子どもたちに太鼓指導を行っていた坂本さん。昨年12月には輪島市文化会館で同太鼓グループの演奏会にも参加し、子どもたちと一緒に創作した曲「天と地と」の演奏もしており、震災後は、特に心を痛めていた。

 そんな坂本さんと和楽器集団「太鼓笑人めでたい」の関根まことさん、若手太鼓演奏者の音間大誠さんと見目萌さん、奄美大島の島唄をバックグラウンドに音楽活動を行っている里アンナさんが、一日でも早い復興への願いを込めてライブを企画した。

 披露した楽曲は「祈り」をテーマに構成され、「奄美の子守唄」から公演タイトルにもなった「響命」や「天と地と」など。輪島塗や能登のヒバで制作された太鼓を使用。応援の気持ちが込められた奄美民謡「六調」でフィナーレを迎え、会場は一体感に包まれた。

 同スタジオでは、写真家のコセリエさんが2010年から続けている人の繋がりを表現するアート企画「ITO PROJECT」の撮影会も開催され、来場客は思い思いのポーズで参加し、写真にも復興への願いが託された。

 メンバーやスタッフは口々に「自分たちにできることがあれば、今後も支援していきたい」と話していた。

 チケット観覧費用全額と写真の売り上げの一部が日本太鼓財団、能登半島地震復興支援金に寄付される。

撮影された「ITO PROJECT」の作品 (撮影コセリエ)
撮影された「ITO PROJECT」の作品 (撮影コセリエ)
撮影された「ITO PROJECT」の作品 (撮影コセリエ)
左から、関根まことさん、見目萌さん、坂本雅幸さん、里アンナさん、音間大誠さん(撮影コセリエ)


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG