注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

お飾り作りが最盛期 心込め伝統の「作州飾り」 「明るく幸せな年になるよう」/岡山・津山市

天候・災害 最盛期を迎えているお飾り作り
最盛期を迎えているお飾り作り=岡山県津山市で
         

 8日は暦の上では冬の始まりとされる「立冬」。日中は季節外れの暖かさが続いているものの、朝晩の冷え込みは増している。

 岡山県津山市の中島昭治さん(80)方では、正月用のお飾り作りが最盛期。妻の千恵子さん(76)とともに、地域に伝わる「作州飾り」の伝統を守り続けている。

 福を逃がさないようにと、編み込んだ二つの輪っかが角度を付けて内側を向いているのが特徴。500個を手作りする。2人は「新年が明るく幸せな年になるよう心を込めて作っている。地域の伝統を大切に守っていきたい」と話している。

最盛期を迎えているお飾り作り
最盛期を迎えているお飾り作り


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG