注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

思い寄せて 大東塾十四烈士の芦田氏しのぶ 「遺志を継ぎ末永く継承を」/岡山・津山市

歴史・文化 墓前で営まれた芦田林弘氏の七十八年祭
墓前で営まれた芦田林弘氏の七十八年祭
         

 大東塾十四烈士の一人で岡山県津山市高野本郷出身の芦田林弘氏を顕彰する七十八年祭が27日、同所の墓所で営まれ、敗戦を詫びて自刃した烈士の霊を慰めた。

 芦田林弘烈士顕彰会(竹内佑宜会長)が斎行し、遺族を含む20人が参列。祝詞を奏上し、芦田氏に思いを寄せた和歌が献詠された。一人ひとり玉串を奉てんした後、遺族代表の芦田交人さん(68)が礼を述べた。

 竹内会長(75)は「たくさんの方に参列いただきありがたい。十四烈氏の遺志を継いで、福田景門前会長らが守られてきたこの祭りを、末永く継承していきたい」と話した。

 芦田林弘氏は、鉄道省判任官の職を辞して民族派団体・大東塾に入塾。敗戦の10日後、「祖国再建の尊き人柱に立つ」として割腹自決した14人の一人で享年30。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG