注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

成名小学校でネットやゲーム依存をテーマにした授業

教育・保育・学校 成名小学校でネットやゲーム依存をテーマにした授業
         

 成名小学校(野村)で30日、ネットやゲーム依存をテーマにした授業があった。4、5年生33人とその保護者4人がスマートフォンやゲームの利用方法や時間の使い方について学んだ。
 家庭教育の見直しや課題解決に向け、市教委が行う「新しい親学講座(通称LINK)」の一環として開催。学校教育課の家庭・地域連携係の井上嗣祥さんが講師を務めた。
 5年生の教室では、自分をコントロールできなくなる「依存状態」やほとんどの時間をネットやゲームに費やしている「過剰使用」などを説明。「ゲームを4時間すると睡眠時間が大幅に減ってしまい生活に支障が出る」と危険性を指摘した。
 その上で「家族との時間を大切にする。使用時間など各家庭でルールを決めて時間の使い方を考えてみよう」と呼びかけた。
 井口宙杜君(10)は「ゲームを30分したら、お兄ちゃんとの会話の時間を楽しむなどして目を休める。健康に気を配り、上手にゲームと付き合っていきたい」と話した。
 県の本年度の調査によると、市内の子どもがゲームやスマートフォンを2時間以上使用する割合は小学5年生では45・7%(前年度42%)、中学1年生は50・5%(43・1%)。年々増加傾向にあり、深刻な問題となっている。


時間を大切につかうことを学ぶ児童


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG