注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

援農塾野菜実地研修

経済・産業 援農塾野菜実地研修
         

 岡山県津山市内の就農希望者に農業の基礎を教える本年度の「つやま援農塾」で、野菜部門の受講生が23日、アスパラガスとショウガの実地研修を受けた。
 4月から10月までが収穫期のアスパラは、楢のほ場=川崎の犬飼一さん(65)所有、約7㌃=で実施し、14人が参加。犬飼さんから「手間はかかるが、設備投資は少ない」などと聞いたほか、約27㌢の長さで切って出荷していることや、夏場は成長が早く1日に何度か収穫することなどを教わった。
 定年退職後に農業を始めるという早瀬琢美さん(58)=福井=は「15年間ほど楽しむつもりで、土づくりには取り掛かった。講義を一通り受けてから何を栽培するか決めたい」と話した。
 ショウガは上横野で行い、農家から指導を受けながら植え付けを体験した。
 8月にかけてブロッコリーやジャンボピーマンの講座もあり、10、11月には学んできた野菜の収穫を予定している。

アスパラガスの栽培について農家から教わる参加者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG