注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

教科書音読発表会が20日、新魚町の市立図書館で開かれた

教育・保育・学校 教科書音読発表会が20日、新魚町の市立図書館で開かれた
         

 教科書音読発表会(つやまっ子読書プラン推進事業委主催)が20日、新魚町の市立図書館で開かれ、市内の1~6年生20人が審査員の前で、情感を込めて課題図書を朗読した。
 出場者は、各学年の教科書(光村図書出版)に掲載されている『スイミー』(レオ・レオニ作)『やまなし』(宮沢賢治作)『白いぼうし』(あまんきみこ作)などの物語の一場面を3分間披露。登場人物の感情や話の情景が伝わるように抑揚をつけて、丁寧に読み上げた。
 審査員の二木俊子同委員会会長と県教委・津山教育事務所の野呂直子指導主事が「たくさん練習したのが分かるほどテンポよく読んだ」「相手を意識して読んでいる。とても聞き取りやすい」など一人ひとりに講評を述べ、会場から温かい拍手が送られた。出場者には賞状と参加賞が手渡された。
 高野小学校(高野本郷)6年生の森元璃咲さんは「今日初めての出場で緊張した。読んでいくうちに楽しくなって落ち着いたけど、時間内に全文を読み切れなかった。次も挑戦して、出来るようにがんばりたい」と話した。
 今年は新型コロナ感染予防対策として、1~4年生、5、6年生に分かれ、会場内の人数を制限するほか、発表者の前に飛沫を防ぐ透明ついたてボードを置いた。
発表会は音読を通じて、子どもの読む力を育てるとともに、読書に親しみを持ってもらおうと企画し、今回で12回目の開催となる。


発表をする児童


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG