新たな4種加わる「津山弁メッセージの手書き金封」/ 岡山県津山市

経済・産業 新たな4種の津山弁メッセージの手書き金封
新たな4種の津山弁メッセージの手書き金封
         

 津山市内の観光施設などで1月の発売から人気を集めている「津山弁メッセージの手書き金封」に、新たな4種が加わった。
 「よ〜け入ってないけん」「ぶげんしゃじゃけん」「早ようしもーときんちゃい」「おいしいもんでも食べんちゃい」のフレーズで、書家が1枚ずつ手掛けたふくよかな文字が魅力。展開中の9種に加え、考案した沼のがざい石はらの石原一朗社長(56)が専門業者に特注した。
 これまでは「がんばりんちゃい」「お祝いじゃけん」「そっ。」「お母さんに言うちゃ〜いけんで」―といった金封で、市民や観光客らが「少額で気軽に使える感じがいい」「津山弁が可愛いく気持ちがほっこりする」などと好評。
 田町のまちの駅城西浪漫館、山下の津山観光センター、同画材店で取り扱い、各330円(メッセージカード付き)。
 石原社長は「紀行作家・写真家の稲葉なおとさんが最近またSNSで紹介したことでB’zファンが注目し、くらやとともにうちの店に寄る人が多い。都内からまとめ買いの郵送希望者もいる」としている。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG