注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

新型コロナ 患者数想定

行政・公共
         

 岡山県は17日、県内で今冬、新型コロナウイルスと季節性インフルエンザが同時流行してピークが重なった場合、1日当たりの患者発生数が最大で計約1万1900人に上るとの想定を発表した。このうち新型コロナ患者数は6600人で、これまで最多だった流行「第7波」での4399人(8月20日)の1・5倍と想定している。
 同日開かれた新型コロナ対策本部会議で示され、政府が第7波の流行時に国内で最も感染状況が悪化した沖縄県のケースを基に、全国で1日最大約45万人の患者が発生すると試算し、これを県人口に当てはめて算出した。インフル患者は約5300人と想定し、過去8年間で最も流行した2019年1月の感染状況から政府が試算した全国患者数(1日約30万人)、県内最多だった15年1月の数値を基に試算した。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG