注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

新型コロナウイルスの感染第2波を見据えた国の推計に基づく試算/岡山県

行政・公共
         

 岡山県は、新型コロナウイルスの感染第2波を見据えた国の推計に基づく試算として、県内で流行ピーク時の感染者が434人に上り、中等症・重症患者を受け入れる病床が250床程度必要になると公表した。これまで県内の感染者を最大1700人、必要病床を同300床と推計していたが、大幅に下方修正された。
 6日の感染症対策委員会で報告され、試算によると1日の新規感染者は最大34人、入院患者数は最大256人。患者のうち重症者は同37人に上り、軽症者・無症状者向けの宿泊施設での療養は同180人。
 この試算内容を踏まえ、重症者向け40床、中等症向け210床程度を確保し、うち70床をすぐ入院できる「即応病床」として対応できる態勢を整える。現状では39医療機関の計220床を確保している。
 今回の試算は、厚生労働省が6月中旬に示した推計モデル「新たな流行シナリオ」に基づき、中国の感染状況を念頭に3月に示した推計に対し、国内の症例データに地域の高齢化率や感染状況を加味した内容という。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG