注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

新型コロナクラスター受け県独自の感染予防班新設

行政・公共
         

 岡山県は、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)発生が相次いだことを受け、県独自の感染症対策専門家チームの体制を拡充し、平時から事業所などに助言をする「感染予防班」を新たに設ける。
 2日に開いた感染症対策委員会で報告。感染症や公衆衛生の専門医ら約40人で編成している専門家チームは、これまでクラスター発生後に派遣する「対応班」を主に活動してきた。感染予防班は行政や事業所の要望に応じて研修会などに出向き、業務スペースの適切な席の配置や消毒方法、従業員の感染予防といった対策の徹底を図る。
 今月は、感染が相次ぐ県北部で飲食店関係者や事業所向けの研修会を予定している。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG