注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

新型コロナ感染状況

医療・福祉 新型コロナウィルス関連情報
新型コロナウィルス関連情報
         

 県内で14日から16日にかけ、新型コロナウイルスの新規感染者計510人が確認された。14日が過去2番目に多い199人、15日が169人、16日が142人。県内の感染確認の累計は9日の9000人到達からわずか7日間で1万人を超え、1万116人となった。
 県内の感染確認は5月25日に7000人を超えて以降、沈静化していたが、インド由来のデルタ株による「第5波」の感染増に伴い7月29日、8000人に到達。さらに感染が急速に拡大して11日間で9000人を超え、予断を許さない状況が続いている。
 14日の内訳は、津山市4人、美作市、鏡野町各1人、岡山市84人、倉敷市78人、笠岡、瀬戸内、井原、玉野市各4人、高梁、浅口市各3人、備前、総社市、早島町、大阪府在住者各2人、赤磐市1人。
 津山市の患者は、未就学男児、10代会社員男性2人、40代無職男性。未就学男児は12日に感染が公表された30代男性(同市)の同居家族で濃厚接触者。10代男性1人は11日に感染が公表された岡山市の20代女性の知人で濃厚接触者。40代男性は7日に感染が公表された30代男性(同市)の知人で濃厚接触者。もう1人の10代男性は感染経路不明で、発熱などの症状があったため医療機関で検査を受けた。いずれも軽症という。
 美作市の患者は、40代無職男性。7日に感染が公表された津山市の30代男性の濃厚接触者。軽症という。鏡野町の患者は、10代女子学生。感染経路不明で、発熱などの症状があったため医療機関で検査を受けた。軽症という。倉敷市の接待を伴う飲食店、岡山市の会社では県内136、137例目のクラスター(感染者集団)が発生している。
 15日の内訳は、津山市5人、岡山市70人、倉敷市63人、笠岡市7人、瀬戸内、新見市各5人、浅口市4人、玉野市3人、井原、総社市各2人、高梁市、矢掛、里庄町各1人。
 津山市の患者は、10代女子学生、20代会社員男性、20代会社員女性、40代会社員女性、50代公務員男性。10代女子学生は13日に感染が公表された10代男子学生(大阪府)の濃厚接触者。20代男性は13日に感染が公表された別の10代男子学生(大阪府)の濃厚接触者。20代女性は12日に感染が公表された20代女性(東京都)の濃厚接触者。40代女性は14日に感染が公表された10代会社員男性(同市)の同居家族で濃厚接触者。50代男性は13日に感染が公表された50代女性(同市)の知人で接触者。いずれも軽症という。岡山市の会社では県内138例目のクラスターが発生している。
 16日の内訳は、津山市4人、真庭市2人、鏡野町1人、岡山市54人、倉敷市57人、井原、瀬戸内市各7人、笠岡市3人、新見、浅口、備前市各1人、県外在住者4人。
 津山市の患者は、10代会社員男性、20代アルバイト女性、30代会社員男性、50代会社員男性。10代男性は14日に感染が公表された10代会社員男性(同市)の知人で濃厚接触者。ほかの3人は感染経路不明で、発熱や臭覚異常などの症状があったため医療機関で検査を受けた。いずれも軽症という。
 真庭市の患者は、50代パート職員女性、60代会社員男性。いずれも感染経路不明で、のどの痛みなどの症状があったため医療機関で検査を受けた。いずれも軽症という。鏡野町の患者は10代女子。14日に感染が公表された10代女子学生(同町)の同居家族で濃厚接触者。軽症という。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG