注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

新庄村クラフトビール誕生

経済・産業 爽やかな香りが特徴のリーフィ・ホップ・セゾン
         

 岡山県真庭郡新庄村産の生ホップを使用したクラフトビールが誕生した。爽やかな香りの高さが特徴で、人気を集めている。道の駅「がいせん桜新庄宿」で200本限定販売している「リーフィ・ホップ・セゾン」は、すでに170本ほど売れた。
 「むらづくり新庄村」の山田遼平さん(34)がホップの生産を手がけ、石見麦酒(島根県)に醸造を委託した。すっきりとした味わいのベルギー発祥のセゾン・ビールで、柑橘類に似た特有の香りを強調するため、アロマホップ3種類と、ユズなどを入れている。1本600円。10月の再販を目途に、今月にも生産に取りかかる。
 山田さんは「生ホップはこの時期ならではのみずみずしい味と香りがする。じっくり堪能してほしい」と語っている。
 また8日から、真庭市産をブレンドした「Terroir MANIWA―ホップマニアウィートエール」の販売が美作ビアワークス(真庭市江川)などで開始する。柑橘系とスパイスの香りを効かせ、小麦を使ったアメリカンウィートエール特有のまろやかで優しい口当たりになっている。1本550円(税込)、250本限定。
 美作ビアワークスの三浦弘嗣代表は「素朴な味で、お酒が初めての人でも飲みやすい。香りを楽しみながら味わってほしい」とPRしている。
p1
爽やかな香りが特徴のリーフィ・ホップ・セゾン
p2
まろやかで優しい口当たりのホップマニアウィートエール


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG