注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

新野小学校5年生 アイガモ農法体験

教育・保育・学校 ヒナを放す新野小5年生
         

 新野小学校(西中)の5年生12人が25日、西下有機農業研究会が管理する西下の水田でアイガモのヒナ約70羽を放鳥し、自然に優しいアイガモ農法を学んだ。
 授業の一環で毎年実施している。同研究会の平井政志さん(73)=西下=が講師を務め、「アイガモ農法は、ヒナが雑草や虫を食べ、ふんは肥料になるので除草剤や殺虫剤、化学肥料は必要ない」と説明した。
 その後、児童たちはふ化して4日後の体長10㌢前後のヒナを持って一列に並び、コシヒカリを植えている水田(約30㌶)に放した。河本将登君(10)「無農薬でも稲が育つのがすごいと思った。その分作業は大変だけど、できた米は絶対においしいと思う。食べて見たい」とにっこり。
 同研究会は13年前からアイガモ農法に取り組んでいる。平井さんは「子どもたちが有機農業について関心をもってくれたらうれしい」と話す。ヒナは8月下旬まで放される。

ヒナを放す新野小5年生


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG