注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

日本赤十字社県支部 県内市町村に災害用倉庫配備

天候・災害 煙を上げて燃える民家=午後6時35分、油木北
         

 日本赤十字社県支部(伊原木隆太支部長)は、県内の市町村に19棟の災害用倉庫を配備した。県北では美作市、勝央、奈義町に1棟ずつ。
 倉庫は幅3・7㍍、奥行2・8㍍、高さ2・4㍍。避難所として使用される公共施設の敷地内や市町村の庁舎敷地内に設置され、救援物資や非常食などの保管、土のう袋などの資機材の管理などに活用される。
 2018年度から希望のあった市町村に配備しており、計29棟を設置している。
 配備式は16日、倉敷市の児島市民交流センターで開かれる。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG