注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

早春の風にそよぐ風景に まちのシンボル「のれん」新調 勝山のお雛まつりを前に引き渡す式/岡山・真庭市 

経済・産業 お披露目された新作ののれん=岡山県真庭市で
お披露目された新作ののれん=岡山県真庭市で
         

 「のれんの町」として知られる岡山県真庭市勝山地区で、来月1日から5日まで開かれる「勝山のお雛まつり」を前に、新たに作られたのれんを地域の人たちに引き渡す式が18日、勝山町並み保存地区の無料休憩所・顆山亭で行われた。

 江戸の風情が残る同保存地区では民家や商店など100軒以上の軒先に個性豊かなのれんが飾られており、まちのシンボルになっている。今年は新規1軒を含む16枚が新調されることになり、地元の染織家・加納容子さん(76)が依頼者の希望に合った作品を制作した。

 色鮮やかに染め上げた1枚1枚が順番に披露され、味わい深い山並みや美しい紅葉といった絵柄をはじめ、カフェ用にはかわいらしいデザインで仕上げた。加納さんが作品に込めた思いを述べた後、商店主や住民らに手渡された。式のあと真新しいのれんを早速、飾る人もおり、早春のやわらかな風にそよぐ風景が観光客らを楽しませた。

 加納さんは「これからもみなさんと一緒に勝山ののれんについて考え、楽しく制作していきたい。お雛まつりでは1軒ずつに飾られた人形を愛(め)でて勝山の春を楽しんでほしい」と話していた。

店舗に掛けられたのれん
店舗に掛けられたのれん


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG