注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

来春開校の旭学園 ジェンダーフリーの制服披露

教育・保育・学校 p 完成した旭学園の制服と体操服(高学年用)
完成した旭学園の制服と体操服(高学年用)
         

 来年度4月に開校する小中一貫の義務教育学校「旭学園」の制服が完成し12月6日、岡山県久米郡美咲町西川の旭中学校で披露された。旭地域の自然を象徴した色合いとオリジナルの校章を際立たたせ、すっきりとした印象を受けるジェンダーフリーのデザインとなっている。
 制服は紺色のジャケット、紺と緑色のチェック柄のスカート・ズボン、えんじ色と紺色のストライプ柄のネクタイ・リボンがセットで、男女問わず自由に組み合わせて着られる。地域を囲む山々、旭川湖、三休公園の桜などをコンセプトに配色が決められた。
 また、ジャケットの胸元のポケットには、ASAHIの頭文字「A」のロゴと星マークをあしらった校章を施している。ロゴに用いられた上向きの伸びやかな字や白い星には、それぞれ「子どもたちの学力や体力の向上、心の成長」、「一人ひとりの個性が輝くように」といった思いを込められている。
 この日、学園の制服に身を包んだ旭小児童代表の2年・瀧野愛奈さん(7)は「チェック柄がかわいくて気に入った。これを着て登校するのが楽しみ」とにっこり。旭中生徒代表の1年・岡本眞大朗君(12)は「素材が柔らかく、軽い。とても動きやすくて新鮮な感じがする。来年度から気持ちを切り替えてスタートできる」と話した。
 旭小と旭中学校の統合が決まり、保育園を含めた職員やPTA役員らは昨年度から検討会議を重ねてきた。同学園は9年制で、子どもたちの成長に合わせて、1〜4年生の低学年用と、7〜9年生の高学年用を用意。5、6年生はどちらも着用できるようにしている。このほか、夏服や体操服も一新した。

低学年用の制服


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG