注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

江戸を一目で 博物館で県重文の屏風公開 スカイツリーの眺望とほぼ同じ/岡山・津山市

歴史・文化
特別公開している「江戸一目図屏風」=岡山県津山市山下で
         

 津山松平藩のお抱え絵師・鍬形蕙斎が描いた「江戸一目図屏風」(県重文)が、岡山県津山市山下の津山郷土博物館で公開され、鳥瞰(ちょうかん)図の傑作に来場者が見入っている。5月7日まで。


 保護のため普段は非公開にしている江戸一目図屏風(県重文)の実物を期間限定で展示。同屏風(縦17・6㍍、横35・3㍍)は、手前に隅田川、中央に江戸城、奥に富士山を遠望する構図で、東京スカイツリーの眺望とほぼ同じことで知られている。

 日本橋、九段坂、芝増上寺など特定できる建物や地名が600以上ある「名所絵」の魅力も併せ持ち、目を凝らせば往来する人々の姿、動植物などが略画技法によって生き生きと描かれている。


 さらに、デジタル技術で作品の世界観を表現した映像「江戸一目図漫遊記」(東武タワースカイツリー提供)も放映。このほか右隻に津山城と城下町、左隻に二宮を描いた「津山景観図屏風」(市重文)や、民衆の暮らしをいきいきとした筆遣いで表現した「略画苑」も目を引く。


 同館は「この機会に実物を鑑賞し、他の作品とともに”蕙斎ワールド”を堪能してほしい」と話している。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG