注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

銀座で育てました 百貨店屋上で栽培の「海田茶」 福袋になって販売へ/岡山・美作市

経済・産業 松屋銀座の福袋商品となる「銀座紅茶」
松屋銀座の福袋商品となる「銀座紅茶」
         

 東京・銀座で栽培された岡山県美作市海田の茶が、「銀座紅茶」として松屋銀座の2024年福袋商品として販売されることになった。

 一般社団法人・日本茶アンバサダー協会、松屋銀座、同市によるプロジェクトとして昨年、海田から同百貨店屋上に移植された茶の木から摘みとり、手もみで仕上げた計75グラムを製品化。計5点のうち3点を「銀座の一流“文化”体験福袋」で売り出すことになった。

 美作市観光政策課では「プロジェクトを通じて、海田茶のブランディングと首都圏での認知度アップにつなげたい」としている。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG