注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

東日本大震災から11年 黙とう

行政・公共
地震発生時刻の午後2時46分に黙とうする市の職員=市役所本庁舎
         

 2万2000人を超す死者、行方不明者を出した東日本大震災から11日で11年が経過した。地震が発生した時刻となる午後2時46分、多くの人が犠牲者を悼んだ。
 山北の市役所本庁舎では、館内放送で発生11年目を迎えたことが知らされ、職員らが起立して1分間、黙とうを捧げた。
 市危機管理室の西村敏之室長は「自然災害は、時と場所、規模を選ばないため、いつ私たちの身に降りかかるか分からない。防災対策の大切さを再認識すると同時に、市民の皆さんにも自分の命を守るには何が必要なのかを考えてもらいたいと思う」と話した。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG