注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

桜の苗木植樹 「全国植樹祭」を前に 村のシンボルとなるように/岡山・新庄村

行政・公共 苗木に土をかぶせる小倉村長(左)と坂本議長=岡山県新庄村で
苗木に土をかぶせる小倉村長(左)と坂本議長=岡山県新庄村で
         

 第74回「全国植樹祭(5月26日)」を前に岡山県真庭郡新庄村の記念植樹が28日、同村の新庁舎前の広場で行われ、小倉博俊村長らが桜の苗木を植えた。

 県内で57年ぶりに開催される同植樹祭(国土緑化推進機構、岡山県主催)の機運を高めるのに加え、新庁舎整備工事が完了することも記念して実施した。

 植樹したのはやや濃い目の淡紅色の花が咲き、病気にも強い品種・ジンダイアケボノ1本。あらかじめ掘っていた穴に1.2メートルの苗木と培養土を入れた後、小倉村長と坂本英典議長がスコップで土を被せて仕上げた。

 最後に小倉村長は「今、森や自然の大切さについて関心が寄せられている。新庄村は森林を中心としたむらづくりで、時代の先端を歩むと期待している。桜がそのシンボルとなるように成長していくことを願う。村が発足してから152年を迎えるにあたり、工事も終わりを迎える。新たなスタートを切って頑張っていこう」とあいさつした。

 現在は旧庁舎に隣接していた創生センターの改装工事が進められており、3月末の落成を見込んでいる。完成した建物には真庭森林組合美甘・新庄支所が入る。

新庁舎の前で開かれた植樹式
新庁舎の前で開かれた植樹式


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG