注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

植月英俊作品展

芸術
         

 高校美術教諭の傍ら作家活動を続けた勝央町出身の画家・植月英俊さん(1950〜2016)の作品展が3日、鏡野町竹田の町ペスタロッチ館で始まった。未発表などの約40点を展示している。10日まで。
 植月さんは多摩美術大を卒業。総社南高で美術工芸系創設に携わり、津山高では美術部を全国高校総合文化祭の常連に育てた。退職後、制作のために尾道市に移住し、13年に古里に戻った。
 展示作品は、油彩を中心に水彩やデッサンなどがある。中でも植物やピエロをモチーフにした油彩は、描写が細密なだけでなく、トーンを抑えた独特の色使いや非日常的な雰囲気が目を引く。真ん丸な石にネコの顔などを描いたストーンアートもある。
 OKUTSU芸術祭の一環。津山高で指導を受けた実行委の河内大樹さんは「卓越した技術。作品を通じて多くの功績も感じてほしい」としている。
 午前8時半〜午後5時。入場無料。同町奥津川西のかがみの近代美術館でも26日から11月21日(午前9時〜午後5時)まで行われる。

植月英俊さんの未発表作などの展示会


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG