注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

消防職員が意見発表 業務の体験元に多彩なテーマ 最優秀は「少子高齢地域での広報」/岡山・津山市

行政・公共 意見を発表する津山圏域消防組合職員
意見を発表する津山圏域消防組合職員=岡山県津山市で
         

 岡山県津山市にある津山圏域消防組合の「第43回職員意見発表会」がこのほど、同組合本部庁舎で開かれ、10人が業務で体験したことを元に、決意や提言などを発表した。

 勤続10年未満の職員64人が提出した原稿を審査し、代表を選出。1人5分の持ち時間内で、学識経験者ら4人と内部7人の審査員の前で意見を述べた。「未来を変える音」や「経験と技術」「仕事をしやすく」「みんなが安心して暮らせる街に」といった多彩なテーマで力強く発表した。

 最優秀賞は柵原出張所の宮前聡志消防士(25)の「少子高齢化地域の広報活動」。宮前消防士は、4月12日に岡山市で開かれる消防職員意見発表県大会に出場する。

 優秀賞は次の通り。

 杉本貴(消防士)吉田悟(消防副士長)


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG