注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

歌人・俳人の半生ミュージカルに 歌曲と「作州弁」で観衆魅了 地域ゆかりの人物に焦点/岡山・鏡野町

芸術 歌人・平賀元義、俳人・西東三鬼らの作品や半生が斬新に表現されたミュージカル
歌人・平賀元義、俳人・西東三鬼らの作品や半生が斬新に表現されたミュージカル=岡山県鏡野町で
         

 歌曲と作州弁(岡山県北の方言)の寸劇によるオリジナル舞台公演「漂泊の歌人と新興の俳人」(作州ミュージカルポエム主催)が10日、同県鏡野町竹田のペスタロッチ館で開かれた。美作地域ゆかりの歌人・平賀元義、俳人・西東三鬼らの作品や半生が斬新に表現され、約80人の観衆を魅了した。

 

 明治から昭和にかけて活躍し、郷土の自然の美しさや戦争の悲惨さを詠んだ元義、山鬼、阿部青鞋、渡邊白泉の4人に舞台芸術でスポットライトを当てようと企画。郷土史家の竹内佑宜さんが総監督を務め、元作陽短大教授で作曲家の矢内直行さんが作曲を担当した。


 ステージ前半では、みゅーじかる劇団きんちゃい座の団員が、製茶工場の従業員や温泉旅館の女主人らを熱演し、三鬼たちの性格やエピソードについて話した。ピアニストの鳥越由美さん、チェリストの小川照夫さんの伴奏にのせ、テノール歌手の田中誠さんらが情感たっぷりに詠唱した。

 

 後半は元義の和歌でつくる組曲や、竹内さんのトークが繰り広げられ、観衆は時代背景や人物の心情に思いを馳せながら、余韻に浸った。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG