注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

正月用食材入荷最盛期 鮮魚野菜ともに昨年並みの価格 天然ブリが昨対2割安/岡山・津山市

経済・産業 正月用のブリが多数入荷した山一水産=28日早朝、岡山県津山市で
正月用のブリが多数入荷した山一水産=28日早朝、岡山県津山市で
         

 師走も押し迫り、岡山県北の台所を賄う地方卸売市場の山一水産=岡山県津山市=と津山中央青果=岡山県津山市=では、正月用食材の入荷が最盛期を迎えた。鮮魚は全体的に昨年並み、野菜も全般に昨年並みで推移している。

 山一水産には28日朝、約20トンの入荷があり、うちおよそ半分がブリで約2000本。30日までの3日間にブリ約30トンの入荷を見込む。大半を占める養殖ものは昨年並み、半養殖は大型魚の品薄から1、2割高の一方、例年高値で取引きされる天然ものは2割安となっている。

 「養殖ものは韓国や中国など海外需要は依然高いが、国内消費が伸び悩んでいる。天然は産地の能登や氷見で一定の漁獲がある状況」と同社営業一部。

 養殖ハマチは1割安、養殖ダイは昨年並み。カニ類は品薄のタラバが1割高、ズワイが1割安。ハマグリは昨年並み。塩干品では、漁獲不足のスルメが3割高、カズノコは1割高、イクラは2割安となっている。

 一方、津山中央青果にはこの時期需要が増す野菜が連日まとまって入荷。コロナ禍でダメージを受けた外食産業の回復が半ばで引き合いは弱含みといい、重量野菜のハクサイやダイコンは昨年並み、葉物のホウレンソウとシュンギクは1割高、セリは昨年並み、レンコン、ユリネは昨年並み。ただ今夏の猛暑が影響した白ネギは3割高となっている。果物では、猛暑の影響からミカンとリンゴが1割高で推移し、つるし柿は昨年並み。

ブリなどの鮮魚が多数入荷した山一水産
ブリなどの鮮魚が多数入荷した山一水産


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG