注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

歳末たすけあい家屋補修

医療・福祉 歳末たすけあい家屋補修
         

 津山市社会福祉協議会の「歳末たすけあい家屋補修」が今年も始まった。建設関係や団体がボランティアで行い、住民からは「安心して年が越せます」と感謝の声が聞かれている。
 1959年から続いている事業で、対象は低所得の高齢者や母子父子世帯、障害者世帯など。本年度は4世帯が対象で、資材は歳末たすけあい募金を充てている。カワイ会(カワイハウス)、妹尾建設、建設労働組合津山支部、同苫田支部、ニーズホーム、八木住建、堀内工業が協力する。
 3日は高野本郷の高齢者宅に10人が集まり床を修理。古くなった材やフローリングのシートをはがすなどした後、職人の技を生かしながら新しい板に手際よく取り換えていった。住人の80代女性は「とてもうれしく、ありがたい」と涙ぐみそうになりながら話していた。


新しい床材に取り返る職人たち


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG