注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

殺人未遂で逮捕 暴力団関係者同士の可能性

事件・事故 NO IMAGE
         

 知人をナイフで刺して殺そうとしたとして、岡山県津山署は6日、押入、自称自営業の容疑者(33)を殺人未遂の疑いで逮捕した。暴力団関係者同士のトラブルの可能性があるとみて捜査する。
 調べでは、容疑者は6日午後1時ごろ、勝央町勝間田の国道179号沿いの空き地で、津山市の職業不詳の男性(60)の腕や胸など複数箇所を折りたたみナイフで刺し、殺害しようとした疑い。「刃物で傷つけたことは間違いないが、殺すつもりはなかった」と容疑を否認している。
 同署によると、2人とも暴力団関係者の可能性があり、身元を調べる。抗争事件ではないとみている。
 男性の搬送先の病院から同日午後3時50分ごろに通報があった。重傷とみられるが命に別条はないという。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG