注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山アルツハイマーデー実行委員会、津山駅前で街頭啓発活動

医療・福祉 津山アルツハイマーデー実行委員会、津山駅前で街頭啓発活動
         

 津山アルツハイマーデー実行委員会は18日、世界アルツハイマーデー(21日)に合わせ、街頭啓発活動を大谷のJR津山駅前で行い、認知症への理解を訴えた。
 民生委員や市、市地域包括支援センター、美作大学・同短期大学部、津山信用金庫、認知症キャラバンメイト津山、生協、高齢者施設などの約20人が参加した。通勤・通学の駅利用者らへ啓発用のティッシュとチラシ350セットを手渡し、「正しい理解を」などと呼び掛けた。
 同実行委は世界アルツハイマー月間の9月、映画上映やフォーラム、展示などさまざまなイベントを開催している。認知症キャラバンメイト津山代表・二木浩実行委員長(58)は「津山市内の認証の方は7月現在で約8580人。認知症に優しい共生社会を目指したい」と話していた。
写真
駅利用者に認知症の啓発グッズを配る津山アルツハイマーデー実行委メンバー


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG