注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山信用金庫、認知症支援カラーのTシャツ姿で窓口対応

経済・産業 津山信用金庫、認知症支援カラーのTシャツ姿で窓口対応
         

 世界アルツハイマーデー(21日)を前に津山信用金庫は18日、全14店舗の内勤職員約90人がオレンジ色のTシャツを着用し、来店者に認知症への理解普及をアピールした。
 このうち山下の本店フロアでは、13人が窓口で接客し、そろいのTシャツ姿についてたずねられると、趣旨を丁寧に説明していた。
 同金庫は現在、全店に認知症サポーターを配置しており、「津山アルツハイマーデー実行委員会」にも参加。
 地域創生部・介護支援専門員の西山智子さんは「地域密着型の金融機関として、認知症になっても住みやすいまちづくりのため、今後も継続して取り組んでいきます」と話した。

認知症支援カラーのTシャツ姿で窓口対応する職員


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG