注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

救急搬送7割が高齢者 消防組合が23年概況まとめ 「不搬送」に悩みも/岡山・津山市

事件・事故 津山朝日新聞社
         

 岡山県の津山圏域消防組合は、2023年の管内での救急の概況をまとめた。出場件数は8319件で、過去10年の間で最も多かった前年の8102件よりも217件上回った。このうち搬送した人数は7333人(前年比152件増)となっている。

 出場の事故種別は、急病が4851件(前年比101件増)で最多。一般負傷1339件(同29件増)、転院搬送1273件(同96件増)、交通事故520件(同23件増)が続く。また火災59件(同16件増)、労働災害86件(同16件増)なども増加している。搬送者の割合は依然として65歳以上の高齢者が約7割を締めている。

 また、傷病者が搬送を拒む、またはすでに息を引き取っている「社会死」の状態といった理由で搬送しなかったのが1019件(同50件増)ある。不搬送に関しては、病院が満床により搬送先が決まらず、最終的に家族らが連れていったり、傷病者自身が赴いたりというケースがみられ、悩ませているという。

 消防本部警防課は「疾患のある人や高齢者はかかりつけの病院を決め、体調が悪くなるとすぐに診てもらうなど、早めの対処を」と喚起している。

 また、新型コロナウイルス感染が昨年5月に季節性インフルエンザと同じ5類に引き下げられ、感染者の搬送人数は23年257人で昨年より36人減っているが、大きな変化は無い。同課は「5類に引き下げられても完全には無くなっていない。手洗いや消毒、うがいなど基本的な感染対策は必要」とし、「防ぐにはやはりマスクの着用が有効」と呼びかけている。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG