注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山寺山修司館 「修司忌」

歴史・文化
         

 歌人、劇作家の寺山修司の命日の4日、一宮の津山寺山修司館で初めての「修司忌」が行われた。生前交流のあった館長・小谷啓子さん(66)は花を飾って故人をしのんだ。
 寺山修司は1967年に美術家の横尾忠則らと劇団「天井浅敷」を結成。「毛皮のマリー」などを上演したほか、「田園に死す」といった映画も手がけた。83年に敗血症のため47歳で他界。今年で39回忌になる。
 同館はファンたちが集える場所になればと、昨年12月10日にオープン。花は白と赤色の華やかなバラで出入口に飾っている。訪れた人たちの寄付金で購入した。当初は映画の上映会を開く予定だったが、コロナ禍の影響により中止した。
 小谷さんは「寄付をいただき大変ありがたい。多くの人に知ってもらうために活動を続け、新型コロナウイルスが収束した後は、映画の上映や生誕祭などを計画したい」と話した。
 同館では小谷さんが寺山修司とやり取りをした直筆のはがきをはじめ、関連書籍を展示している。開館時間は午前10〜午後5時。定休日は月曜日で、諸事情により休館する場合もある。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG