注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山市は全用途平均マイナス0.9% 基準地価公表 市内で最も高い商業地1平方メートルあたり7万1600円/岡山

行政・公共 市内で最も地価が高かった商業地=岡山県津山市大手町
市内で最も地価が高かった商業地=岡山県津山市大手町
         

 岡山県は20日、土地取引価格の指標となる基準地価(7月1日現在)を公表した。県内の全用途平均変動率は前年比マイナス0.1%と31年連続でダウンしたものの下落幅は縮小し、商業地の平均変動率は同プラス0.7%と2年連続で上昇した。県北部は人口減少などを背景に下落基調が続いているが、津山市では一部で下げ止まりの傾向も表れている。

 調査した27市町村の全用途平均では、岡山、倉敷、総社市、早島町が上昇し、そのほかは下落。美作地方の市町村では、津山、真庭市、鏡野、美咲、勝央、久米南町は下落幅が縮小し、奈義町、西粟倉、新庄村町は横ばいだった。

 津山市は全用途平均マイナス0.9%(前年マイナス1.0%)で、25地点のうち上昇したのは院庄字沢の工業地(プラス0.8%)のみだが、川崎字小代の商業地6万5700円、北町の住宅地5万200円、小田中字戌亥峪の住宅地2万9000円など6地点が横ばいに転じた。市内で最も地価が高い大手町の商業地はマイナス1.4%で1平方メートルあたり7万1600円。

 県北市町村の用途別で、下落率が大きかったのは住宅地では美作市のマイナス2.9%(前年同2.4%)、鏡野町の同2.1%(前年同2.3%)、商業地でも美作市のマイナス2.5%(前年同2.4%)、真庭市の同2.1%(前年同2.4%)、など。

 県中山間・地域振興課では「前年に続く商業地の平均変動率上昇は、コロナ禍で低迷した経済活動の回復が県南部で本格化したこと、岡山市中心部の再開発進展などが主な要因」としている。

 地価調査は国土利用法に基づき毎年実施。県が全市町村の367地点で調べた。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG