注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山市地域包括支援センター情報交換会

医療・福祉 津山市地域包括支援センター情報交換会
         

 津山市地域包括支援センターの本年度第1回情報交換会が1日、津山市総合福祉会館=岡山県津山市=で開かれ、市内の居宅介護支援専門員(ケアマネジャー)や民生委員ら約60人が高齢者の生活課題について聞き、コロナ禍での状況変化などで意見を交わした。
 松尾彰同センター所長補佐が、昨年度実施した路線バス利用に関するアンケート調査で∇長年利用しておらず抵抗、不安がある∇路線や時刻などが分からない∇バス停に椅子や屋根がない―などの声が目立った結果を報告。試行的に実施した「バスの乗り方講座」にふれ「必要となる前から体験し、不安解消になったとの感想が多かった」と話した。
 高山科子市民生児童委員連合協議会長は、地域の高齢者の生活課題として「8050問題どころか、90代と60代の親子で親の年金に頼っている世帯が増えており最近、息子が急病で困った事例もあった」と指摘。
 この後、コロナ禍での高齢者の生活状況変化をテーマに意見交換。ケアマネジャーからは「デイサービスが一時休止され、独居者の生活環境を整えるのに苦労した」、民生委員からは「週一回の介護予防体操が休止になり、体調や安否の確認がとりにくかった」といった情報も出され、今後の課題として集約した。
 同情報交換会は、包括的な介護支援事業に役立てる狙いで年3回程度開催。
p
コロナ禍での高齢者の生活について情報を交わす参加者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG