注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山市本部会議

行政・公共 緊急事態宣言解除に伴う対応を確認した対策本部会議
         

 津山市は18日、第32回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を山北の市役所で開いた。県内に発令された緊急事態宣言が解除される21日以降、市内の指定管理を含む公共施設163カ所の使用を再開することなどを決めた。
 再開するのは、文化施設や観光施設、キャンプ場など128カ所と、一般の使用を制限している市立小中学校全35校の体育館や武道場、グラウンド。市が主催するイベントも順次開催する。
 市立中学校の部活動については、県が定めた「リバウンド防止強化期間」の7月20日までは、当面の間、他校との練習試合は近隣市町村にとどめる。
 会議には各部署の幹部が出席し、強化期間中に市民に留意してもらう5点の「岡山ルール」や現在の県内、市内の感染状況などを確認した。本部長の谷口圭三市長は「変異株にも警戒しなければならない状況であり、感染拡大は依然予断を許さない。これからも防止策に取り組み、慎重に行動してほしい」と呼びかけた。

緊急事態宣言解除に伴う対応を確認した対策本部会議


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG