注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山市長選谷口圭三氏当選

行政・公共 津山市長選谷口圭三氏当選
津山市長選谷口圭三氏当選
         

 任期満了に伴う津山市長選は6日、投票、即日開票され、無所属現職の谷口圭三氏(58)=志戸部=が1万9624票を獲得し、元市議の近藤吉一郎氏(56)=山方=と、元大学客員教授の竹内幹雄氏(75)=加茂町下津川=を破り、再選を果たした。投票率は47・56%(前回55・81%)と低迷し、過去最低を更新した。
 午後9時40分過ぎ、志戸部の選挙事務所に「当確」の知らせが入ると、集まった支持者ら約300人から拍手がわき起こった。選対関係者らとの万歳三唱で谷口氏は、支援者への感謝を込めて深々と頭を下げた。
 米井瑞臣後援会長が「津山の未来を保証できると安心した。これからも谷口氏の市政を応援してほしい」とあいさつ。花束贈呈に続いて谷口氏は「コロナ対策を進めると同時に経済を立て直す必要がある。県北の拠点都市として必要なインフラ整備も行い、快適で便利と言われるような都市の形を創っていく」と述べ、「それには足腰の強い財政が必要であり、減量型、活性型の行革に不退転の決意で取り組む。動き出した津山のより良い未来を築いていく」と決意を語った。
 谷口氏は▽津山駅バリアフリー化の着工▽順調な企業誘致による雇用創出▽きめ細かな市独自のコロナ対策―といった1期4年の実績や、国・県とのネットワークなどを強調。まちづくりのビジョン「津山新八策」を掲げ、広く浸透を図った。
 1カ月前に出馬表明した近藤氏は、透明性のある市政の実現とともに、22歳までの子どもを扶養する年収500万円以下の世帯と在宅介護世帯に5万円を支給するなどの公約を打ち出して支持を訴えたが、及ばなかった。
 投票者数は3万8962人(男2万2158人、女2万4771人)。当日有権者数は8万1926人(男3万8830人、女4万3096人)。
 
谷口圭三氏(58)無現②
市長、元県議、元市議、元参院議員秘書、岡山大大学院、志戸部


再選を果たし、花束を受け取る谷口氏


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG