注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山市 「城西地区まち歩き」

歴史・文化 社寺建築について説明を聞く参加者(本源寺で)
社寺建築について説明を聞く参加者(本源寺で)
         

 重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)を巡る「城西地区まち歩き」(津山市文化連盟主催)が16日、出雲街道周辺の同地区をコースに開かれ、市民ら30人が江戸時代の姿をとどめる社寺建築や近代洋風建築を見学した。
 午前、午後に分けて平岡正宏津山市まちづくり推進室長が案内し、「江戸期の寺町がこれほど残されているのは全国的にも珍しい」と前置き。
 津山藩森家菩提寺の本源寺(小田中)では国重文の本堂や霊屋(たまや)、修復が進む高麗門様式の総門、愛染寺(西寺町)では檜皮葺き(ひわだぶき)の鐘楼門・仁王堂、出雲街道沿いでは商家の外装の特徴について説明を受けた。
 さらに本源寺と並び「津山三箇寺」とされる妙法寺(同)、泰安寺(同)、津山城下の総鎮守として造営された徳守神社(宮脇町)にも歩を伸ばしたほか、近代洋風建築では旧土居銀行津山支店の作州民芸館(西今町、国登録有形文化財)、旧中島病院本館の城西浪漫館(田町、同)も見聞き。
 小田中の日笠奈津子さん(77)は「近くに長年いても初めて知ることが多く、有意義だった。建物や門の造作が素晴らしかった」と話した。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG