注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山市 救護施設「三楽園」完成

暮らし 完成した救護施設「三楽園」の新施設
完成した救護施設「三楽園」の新施設
         

 社会福祉法人・江原恵明会(江原秀国理事長)が新築移転の工事を進めていた、救護施設「三楽園」の新たな施設が津山口の積善病院東側に完成した。利用開始は5月1日から。
 旧施設(一方、築46年)の老朽化に伴い、用地(1658平方㍍)を取得して昨年4月に着工し、鉄筋コンクリート造2階建て延べ1513平方㍍を整備。
 バリアフリー構造で、各居室(2人部屋)にトイレを設置することにより感染症クラスターなどの発生リスクを低減。事務室、医務室、食堂、集会室兼娯楽室、特殊浴室などを配している。総事業費(用地費を含む)約5億8000万円。
 利用者は生活保護を受けている人らを対象とし、定員は旧施設より10人増の40人。旧施設は5月から解体工事に着手する。
 問い合わせは。江原恵明会本部(☎235355)。

完成した救護施設「三楽園」の新施設


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG