注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山旬菜レストラン城見亭 オープン

経済・産業
         

 新魚町のアルネ津山(岡山県津山市)4階で、津山街づくり会社と市都市整備公社が共同で整備を進めていた「津山旬菜レストラン城見亭」が11月30日、オープンした。”地産地消”を掲げ、地元食材をふんだんに取り入れたメニューを提供しており、食を通して施設周辺や市街地のにぎわい創出を図る。
 メニューは、つやま和牛の「ステーキ御膳」、「すきやき御膳」、津山産黒豚の「しょうが焼き膳」などで、野菜や原材料も市産、県産にこだわっている。このほか、新たに開発した米粉麺「津山っ粉」と、そずり肉の食感やうまみを生かした「津山こめ粉ヌードル」、地域を代表するスイーツ「津山ロール」のセットといった軽食もそろえている。
 店内は約315平方㍍で、63席を用意。ビジネス客の利用も考え、パソコンが使用できるように設備を整えている。また、地域商社曲辰が開発した商品やさまざまな特産品を販売するスペースも設けた。市の補助金を含めて両社約2340万円の費用をかけて改装。運営は、市都市整備公社が行っていく。
 初日は、多くの人が訪れ、ローストビーフをメインに添えた日替わり膳などを味わっていた。竹内多惠子さん(67)=福井=は「味付けがよく、ボリュームもあり満足した。今度は娘や孫も連れてきたい」と笑顔で話した。
 営業時間は午前10時から午後6時まで。午前10〜11時がモーニング、11時から午後3時までがランチ、3時以降はアフタヌーンタイムとなり、提供するメニューの一部が変更される。今後は会食や宴会、仕出しにも応じるとしている。日野田昭二支配人(63)は「憩いの場として活用していただけたら幸い。津山のみなさんに愛されるレストランを目指して頑張っていく」と述べている。

オープン日に提供された日替わり善(左)と津山こめ粉ヌードル
新しくオープンした津山旬菜レストラン城見亭

<関連記事>


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG