注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山署 横断歩行者 安全啓発

行政・公共 啓発活動を行う津山署員ら
         

 「横断歩行者等妨害違反の取締強化旬間」(21〜30日)を前に津山署は18日、小田中の天満屋ハピーズ付近で「横断歩道では歩行者優先」と呼びかける街頭啓発活動を行った。
 同署員や津山交通安全協の会員ら10人が参加。同店舗の入り口や付近の横断歩道で「歩行者はドライバーに気づいてもらえるように、手を挙げて」、「ドライバーは歩行者を見かけたら一時停止を」などと買い物客らに声をかけ、啓発グッズ100セットを配った。
 昨年の人身事故件数は215件。そのうち6件は、被害者が横断歩道を歩行中に起きている。古米秀充交通課長は「少しでも事故が減らせるよう、交通ルール、マナーを守ってほしい」と話した。

啓発活動を行う津山署員ら


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG