注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山署管内上半期交通事故発生状況

行政・公共
         

 津山署は、今年上半期(1〜6月)の管内(津山市、鏡野町)の交通事故発生状況をまとめた。総数は1275件(前年同期1152件)、人身事故は111件(同92件)でともに増えた。死者はおらず、前年同期と比べて3人の減少。
 人身事故のうち、車同士が100件で全体の9割を占めた。対人は9件、単独は2件だった。道路形状でみると、単路が55件で最多、交差点かその付近は計50件だった。時間帯は、昼間が92件で夜間が19件。過失の比重が重たい「第1当事者」は、65歳以上の高齢者が36人で目立った。
 県内でも、総数は2万2069件(同2万1774件)、人身事故は2276件(同1918件)でともに増加した。死者は26人(同34人)で減った。
 同署交通課は、下半期(7〜12月)に向けて「コロナ禍のため引き続き個別指導に努める。飲酒運転根絶、横断歩道への注意、薄暮時間帯のライトアップを重点的に呼びかける」としている。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG