注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山連合町内会久米支部で1回防災研修会

暮らし 津山連合町内会久米支部で1回防災研修会
津山連合町内会久米支部で1回防災研修会
         

 津山市連合町内会久米支部の第1回防災研修会が9日、中北下の久米公民館であり、地域住民が災害時に自助、共助が欠かせないことを再認識した。
 同支部では従来、自主防災組織が8地区で活動している。2018年7月の西日本豪雨災害などを受け、地域全体で防災の意義を学び直そうと研修会を企画。全5回の予定で、市社会福祉協議会の協力も得て防災マップ作成や避難訓練を行う。
 この日は町内会長ら約50人が参加。日本防災士会県支部の神田敬三支部長(63)が講師を務めた。
 基礎から説明し、避難所については、現在の立地数では当然全人口を補えないため、地域ごとに用意しておく必要があると指摘。高齢化が進む中でも元保育士や元看護師、元消防士らは避難所で強力な人材になり得るなどとアドバイスした。いずれにしても重要なのは災害を■自分ごと■と捉えることとし、「身近に感じなければ防災の入口から中にさえ入れない」と話した。
 山田誠支部長は「災害はいつ起きるか分からない。いざという時に助け合えるよう対応力を高めておきたい」としている。

第1回防災研修会の参加者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG