注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山青年会議所、第39回「全国城下町シンポジウム」で最優秀賞

イベント 津山青年会議所、第39回「全国城下町シンポジウム」で最優秀賞
         

 津山青年会議所(JC)が山下の津山城(鶴山公園)で昨年開催したLEDスカイランタンを上げるイベントが、全国城下町JC連絡協議会の第39回「全国城下町シンポジウム」(10日、富山県高岡市)の表彰部門で最優秀賞に輝いた。2年ぶり4回目の受賞。
 イベントは昨年6月に開いた。市内の高校生や大学生らが、津山の歴史を学んだ上で風船や和紙を使って300個を製作。「津山城復元『夢』」などとメッセージを書き、日が沈んだ後、本丸で一斉に空に浮かべた。会場には一般の来場を含め約1000人が集まった。
 「インパクトや集客力、地域活性化への貢献が評価された」と企画を担当した前まちづくり委員長の岡孝男さん(34)=カワイハウス専務=。「多くの人と素晴らしい時間を共有できた。苦労や反省はあるが受賞できてほっとした」と話す。
 同連絡協議会には全国約70都市のJCが加盟。今年のシンポジウムは、新型コロナウイルス感染拡大を受け、参加は、現地とパソコンなどでのリモートに分けて行った。
 来年5月に予定される第40回大会の会場は津山市で、副実行委員長の岡さんは「今年は事業が実施できていないJCが多く、表彰部門はないかもしれないが、大会はしっかり盛り上げたい」と意気込んでいる。
P①
最優秀賞の表彰状を手にする岡さん

P②
津山城で昨年6月に開催したLEDスカイランタンを上げるイベント


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG