注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山駅舎バリアフリー化 9月から着手

行政・公共 エレベーターが新設されるJR津山駅の跨線橋。改札とホームの移動を円滑にする
         

 岡山県津山市は、JR西日本による津山駅舎(大谷)のバリアフリー化整備工事が9月から着手されると公表した。ホームをつなぐ既設の跨線(こせん)橋にエレベーター3基を新設し、2023年3月末には供用を開始する予定。
 同事業はバリアフリー法の基本方針に基づき、高齢者や障害者が円滑に移動できるよう鉄道事業者、国、地方自治体が実施。スケジュールは昨年度が調査設計委託、本年度は仮設工事、来年度に本体工事を行う。事業費は約5億円で、国、市、JR西日本が3分の1ずつ負担する。
 工事内容は、現在使われていない跨線橋へのエレベーター新設で、改札からホームまでの段差の解消を図る。このほか、ホームへの警告・誘導ブロックと点状ブロックの設置、音響案内装置・触知案内板の整備などを行う。点状ブロックは、目の不自由な利用者に線路側とホーム内側の区分を知らせるためのもの。また、跨線橋に2段手すりを新たに設ける。
 市都市計画課は「駅舎のバリアの解消で、市内外のお年寄りや障害のある人たちの社会参画につながる。多くの利用者が待ち望んでいた事業が大きく動き出し、市としても完了まで支援、協力していきたい」としている。
 JR西日本岡山支社によると、同駅の昨年度の一日平均乗降人員数は約3000人。


エレベーターが新設されるJR津山駅の跨線橋。改札とホームの移動を円滑にする


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG