注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

気が付けば満100歳 誕生日に市が長寿祝福 「よく働き、よく生きた」/岡山・津山市

100歳(百寿) 谷口市長から記念品を受け取る早瀬さん
谷口市長から記念品を受け取る早瀬さん=岡山県津山市で
         

 岡山県津山市の早瀬房野さんが満100歳の誕生日を20日に迎え、同市が記念品を贈り、健康と長寿を祝福した。

 早瀬さんは1923年、津山市で生まれた。農業を営む夫を縫製工場で働きながら支えた。絵画や工芸、陶芸など多彩な趣味を楽しんだ。「大変な時代もあったが、よく働き、よく生きた。気がついたら100歳になっていた」とほほ笑む。子どもは6人、孫は8人、ひ孫は9人。

 早瀬さんが入居している津山市の特別養護老人ホーム愛和荘を谷口圭三市長ら2人が訪問し、国と県からの祝い状と記念品を伝達。市からの記念品の肌掛けふとんを手渡した。早瀬さんは「うれしいですね。ありがとう」と礼を述べた。

 市内の100歳以上のお年寄りは8月31日現在、早瀬さんを含め97人(うち女性86人)。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG